コンピューターの発達は最終段階に近づつある

本当の現実世界とは何かわかりますか?哲学者が何千年もの間求めてきた課題です。コンピュータの進歩により、その疑問は加速され人間の生命もコンピューターの発達に融合します。

コンピュータは強力なメカニズムとして十分に成長している。

Intelの創設者の一人であるゴードンは、1965年に回路基板上のマイクロプロセッサ・トランジスタの数が毎年倍々になると語っている。それはコンピューターが演算する計算能力が、毎年2倍加速することを意味しています。

現在プロセッサはそれを小さくすることも重要ですが、本質的に計算能力が倍増するという過程は依然として重要です。コンピュータの専門家はプロセッサが倍に進歩することは考えていないが、現実はそれに近いと分かっている。

その進歩率を維持すれば、コンピュータはリアル世界をシュミレートすることができそうです。将来はリアリティシュミレータ(reality simulators)を実行するのに必要な処理能力を持つマイクロプロセッサは誕生するでしょう。

NASAのコンピュータ専門家であるリッチ氏は、10年以内に約80年間続く人間の生涯をシミュレートできるコンピュータが完成すると考えています。人間の生涯が計算により表現される。その人の全ての思考が表現可能となり、これまでに持っていたすべての考えが含まれシュミレートされます。アルゴリズムは可能性を考えます、あなたがしている経験を体験して、あなたが考えていることを伝達する。人生は人間が経験する初体験のシミュレーションに代わり、その中のすべてがコード行によって作成されます。

コンピューターの注目する可能​​性としては宇宙です。宇宙はシミュレーションであり、私たちも含めその中のすべての情報が文字です。すでにいくつかの宇宙シミュレータがありますが、最も印象的なものはハーバード・スミソニアン宇宙物理学センターによって実行されています。彼らは2014年にシミュレートをして、わずか3ヶ月で、宇宙の進化の全体130億年の歴史を解いたのです。今後の課題として残り数パーセントの未知の解明があります。

コメントを残す