曖昧なリアリティと粒子論

それを見るまで現実は存在しない世界があります。

仮にオンラインゲームをプレイしているとします。 誰もプレイせずに、そこにいない場合、マップの領域はどうなるのでしょうか。そこには何もなく、プレイヤーがその領域に移動して、システムが環境を処理するときだけ実行されます。

量子力学によれば、現実は実際には非常によく似た方法で働くようです。現実の基礎を構成する亜原子的な対象物は、通常は波もしくは粒子のいずれかです。しかし波と粒子の両方に分類される、いくつかの亜原子的な物体も存在しています。これには電子と同様の質量の光や物体が含まれます。それらの物体が観察または測定されていない時は二重の状態にあります。そして、これらが測定されるとき、研究の視点により波か粒子の判断を決定する。論理的に物質の性質は、彼らが観察されているかどうかではないのです。その状態を示す必要があるため、珍しいことですが二重の状態という属さない結果も生まれます。また、現実の観察として、不思議なことに私たちがそれを見るまで存在しない(決定しない)ということも起こるのです。

二重スリット実験は、粒子と波の二重性を示す実験として行われています。

物理学者たちは、観察により何故どのように決定するか、”実験が物質に影響を与えるのかどうか”の正しい答えは確信していません。私たちが考えるような現実世界は正確に構成されているのではなく、曖昧な状態という研究結果の証拠もあるようです。

リアリティ世界も、対象物を観察者が影響を与えないと実行されない、システムが環境を作成するコード行を処理するときだけ動くコンピューターと類似している。

コメントを残す